医療事務の資格とは?

医療事務

療事務の資格についてご紹介しましょう。
あまり一般には知られていませんが、国家資格というのは名称独占資格、業務独占資格、必置資格に大きく分類されます。

 

この中の資格で必置資格と言われるものは、事業を行う場合に、必ず特定の資格を持っている人を事業所などに置く必要があると法律で決まっている資格を言います。

 

そのため、必置資格は医療事務の資格であると考えられているのではないかと思います。しかしながら、実際には医療事務の資格というのは国家資格でもなく、医療事務の業務を行うために必ず法律上必要というものでもありません。

 

多くの人が医療を受けるにつれて、医療事務の業務も多くなっており、これに伴って医療事務の資格が高い人気になってくることで、転職等の場合に有利になってきたのです。

 

医療事務には国家資格や公的資格がない!

実は、医療事務の資格についてははっきりした基準がありません。純粋な歯科医療や医療以外に、介護医療や調剤関係の事務の資格まで医療事務の資格に含まれています。

 

このような全ての資格は、いろいろな医療関係団体や公益法人などが運営している民間のもので、資格は概略で現在30種類以上ありますが、公的な国家資格などのものはありません

 

大きく医療事務の資格を分類すると、医療事務の資格、医師事務作業補助者、医療秘書の資格、診療情報管理の資格、医事コンピュータ資格、調剤事務の資格、介護事務の資格の7つがあります。

 

さらに、医療事務の資格は、業務の内容で整理すると、医科・歯科、介護、レセコン、調剤、診療情報管理の5つに分類できます。

 

>今人気の資格が知りたい!<

人気の資格が取得できるサイトをランキングで確認!

調剤薬局事務の資格を取得するとどのような仕事を行うのか?

調剤薬局事務

調剤薬局事務というのは、会計や受付というような仕事を調剤薬局において行うものです。

 

調剤薬局が病院の外に設けられることも多くなっており、病院の枠にとらわれないで日々の人々の健康を維持するために大切な役目を果たすようになっています。

 

これに応じて調剤薬局の仕事自体にも変化が出てきているのです。

 

今までほとんどの調剤薬局においては、薬剤師だけが一連の受付から調剤までの業務を行ってきました。しかしながら、調剤薬局においても、専門に事務業務を行う調剤薬局事務を設けるところが多くなってきているのです。

 

仕事内容の具体的なものとしては、患者が処方箋を持ってきた場合に、受付を行ったり、会計を行ったり、薬局内の掃除を行ったり、調剤報酬請求証明書を作成したりするなどがあります。

 

今後は調剤薬局事務の求人が多くなる!?

このような調剤薬局事務の仕事が多くなっているのは、調剤薬局自体が多くなっているためです。そのため、薬剤師自体の需要が多くなっており、人手不足になっているのです。

 

調剤薬局事務は、薬剤師の負担を軽くするために要求されているのです。調剤薬局事務が他の仕事を担当して、薬剤師は調剤に専念する、というようなことによって効率をアップすることがポイントです。

 

このようなことから、これから調剤薬局事務の求人がさらに多くなっていくことが予測されます。これ以外にも、患者に薬剤師の指示によって薬を渡したり、薬剤師に代わって薬の注意事項などをたまに説明したりする場合もあります。

 

医薬分業の推進と高齢化の進行に伴って、年々調剤薬局事務の求人は多くなっており、資格を取得して専門スキルをマスターする人も多くなっています。

行政手続きのプロとして大きな期待が寄せられる行政書士

行政書士

政書士というのは、昭和26年2月に制定された行政書士法に基づいている国家資格を取得している人です。

 

行政書士は、他の人から依頼されて、許認可等の役所に出す書類の作成および出す手続きの代理、遺言書等の作成、契約書および事実証明の作成等を行って報酬を獲得しています

 

福祉行政が行政において重要視され、行政と国民生活は多くのことに繋がりがあるようになりました。この結果として、現在では官公署に住民等が書類を出すことが増えてきています。

 

行政書士の仕事は書類の作成からコンサルティングまで幅広い!

また、社会生活が複雑になって高度化するにつれて、書類を作成するために高い知識が必要になる書類も増えてきています。そのため、行政書士が、迅速かつ正確に官公署に出す書類等を作成することによって、国民生活においていろいろな権利や利益が保護されるのです。

 

また、行政側としても、出された書類が明瞭かつ正確に書かれていることによって、事務的な処理を効率良く行うことができるという公共的なメリットがあります。このような背景から、行政書士の制度というのは非常に必要性が高いものであると言えるでしょう。

 

行政書士の仕事は、書類を他の人から依頼された通りに作成するというような代書的なものから、コンサルティングを含む多様で複雑な許認可の手続きのものへと移ってきています。また、高度な情報社会において、行政書士は行政手続きのプロとして大きな期待を国民から寄せられています。

人気の資格が取得できるサイトをランキングで確認!


今、最も人気の資格が取得できるサイトランキング

ユーキャン


スマートフォンでも学べるテキストの各レッスンに対応したWebテスト

イラストや図解でわかりやすいテキスト

139種類もある講座から自分に合った講座を選べる


ユーキャンへの登録・詳細はこちらから


ヒューマンアカデミー


30年の伝統で資格取得をしっかりとサポート

自分のスタイルで学べるから忙しくても学びやすい

転職・就職サポートも充実


ヒューマンアカデミーへの登録・詳細はこちらから


資格の大原


効果的な学習方法で一発合格を目指す

公務員、公認会計士、税理士資格取得の定番

就職のプロが一人ひとりを徹底指導するから就職に強い


資格の大原への登録・詳細はこちらから


ケイコとマナブ


体験レッスンや講座が多数あるから自分に合った講座が選べる

インターネットで24時間いつでも予約が可能

行きたい時に気軽にサクッと行ける


ケイコとマナブへの登録・詳細はこちらから


資格の学校TAC


30年間の信頼と実績の圧倒的な合格実績

資格合格に導く独自のTACメソッド

DVD、Web、ダウンロード、資料と豊富な通信講座


資格の学校TACへの登録・詳細はこちらから